不思議の国のニッポンの記事

ラーメンの基礎を学ぶ

「本場日本でラーメンを食べたい!」そんな想いで、来日してくれたツーリストの皆さん。日本のラーメンの味はひとつではなく、生まれた場所場所で、味がまったく違うたべものだと知っていましたか? そこで今回は、ラーメンの基礎知識です。 日本のラーメンは、中華麺とスープを組み合わせた料理で、もともとは中華料理でしたが、日本で独自の進化をした食べ物となっています。主なラーメンにはスープや出汁によって「醤油ラーメン」「塩ラーメン」「味噌ラーメン」「豚骨ラーメン」「豚骨醤油ラーメン」「魚介系ラーメン」などに分かれます。 「醤油ラーメン」は、鶏ガラを基本に、野菜と削り節や煮干しで味を整え、醤油味にしたラーメン。日本のラーメンの原点で、東京発祥のオーソドックスな味です。 「味噌ラーメン」は、豚骨スープに味噌を加えたラーメン。札幌が発祥で、麺は縮れ麺が多く、味噌の香りが実に香ばしい。今では味噌ラーメン専門店が各地にあるくらいメジャーで、赤味噌、白味噌、合わせ味噌のラーメンが存在します。 「塩ラーメン」は、鶏がらや豚骨を使用した出汁に塩タレで調味したスープのラーメン。大概はスープが半透明で、味があっさり目の仕上がり。一時期のコッテリブームが飽きられたのか、鶏がらの品の良いテイストが受けいます。 「豚骨ラーメン」は、豚骨スープのラーメン。強く煮出し、溶け出した骨髄のコラーゲンにより白濁したスープが特徴。博多が発祥で、当初は細麺が多かったが、今は太麺も存在します。 「豚骨醤油ラーメン」は、豚骨ラーメンに醤油のタレを多めに加えたものでスープが茶色いのが特徴。横浜が発祥で、家系ラーメンなどが有名。家系は太麺に合わせるために油や味を濃くしてあるので、博多ラーメンとは味や食感が異なります。 「魚介系ラーメン」は、主に、カツオ節、サバ節、煮干、エビ、イカ、タイ、帆立、スルメ、貝柱など、魚介類をダシとしてスープを作るラーメン。魚介系つけ麺としてここ数年で有名になりました。 ラーメンを食べるには、現金が必要。両替は、ベストレートのサクラカレンシーサービスで。お尋ねになれば、おいしいご当地ラーメンをお教えしますよ。

神社仏閣のお参り方法

もしも京都に行く機会がるのなら、信じられない数の神社仏閣と巡り会います。日本人がお祈りする場所は、神社と寺社に分かれていて、神社は日本古来の神様をお祀りしていて、寺社は仏教の仏様をお祀りしています。神社と寺社の見分け方は、神社の入り口には鳥居があり、寺社の入り口には山門がありその中に不動明王様が寺社をお護りしています。 神社も寺社も、御手洗(みたらし)で手を洗ってからお参りするのですが、正式には手だけでなく口の中もゆすぎます。これは物理的なよごれを落とすためではなく、外界のけがれを落とすためのものですから、「私はきれいだから必要ない」というのはNGです。 寺社のお参りの仕方は比較的に簡単で、さい銭箱にお金を入れて、手を合わせて合掌するだけです。しかし神社は礼儀が厳しく、少し複雑。正式には「二礼二拍一礼」といって、二回おじぎをした後、2回柏手を打って、最後にもう1回おじきをする、というのが神様へのご挨拶の仕方です。 【拝礼の仕方】 (1) 拝殿前に進み出て最初軽くおじぎをする。 (2) お賽銭を入れ、鈴を鳴らす。 (3) 2回深く礼をする。 (4) 2回拍手をする。 (5) 1回深く礼をする。 (6) 最後に軽くおじぎをして退く。 日本人でも間違えることが多い神社と寺社のお参りの仕方を覚えたら、ご利益の多い神様を教えますので、ぜひベストレートのサクラカレンシーサービスまでどうぞ。

日本はWiFi後進国

Wifiを探す

「日本はハイテクの国だから、Wi-Fiスポットだらけでサクサクアクセス」そう思っていたら、大間違い。海外と比較すると、実は日本はWi-Fiスポットの数が少なく、Wi-Fiの後進国とも言われています。実際、官公庁の調べでは訪日外国人の30%が「旅行中に困ったこと」に「無料公衆Wi-Fi環境」を上げています。もちろん携帯キャリアによるWi-Fiは、駅やコンビニ、マクドナルド、スターバックスなどで利用できますが、日本では外国と比較すればまだまだWi-Fiスポットが少ないのが現状です。 また日本は「Wi-Fiサービスの利用は、事前登録が前提になっていることがほとんど。至急知りたい情報なのに、場所ごとにいちいち登録してWi-Fi接続するなんて、イライラの極地になってしまいます。 Wi-Fiをいつでもどこでも使いたい方は、モバイルルーターのレンタルサービスをお勧めします。日本でも有名なキャリア会社docomoで、1日360円、1週間なら900円で借りられます。必要なら、ドコモショップに行ってみてくださいね。 また、そんな費用はもったいないと思う方は、ダウンロードサイトから「Japan Connect-free Wi-Fi」をダウンロードしてください。外国人旅行客が自由に利用できるWi-Fiを簡単な操作で「探して」「接続」。一度の登録で、複数事業者が提供しているWi-Fiに接続することができるアプリです。このアプリからWi-Fiエリアを探すこともできるのが便利。5言語(英語、中国語<繁体字・簡体字>、韓国語、日本語)にも対応していますよ。 もちろんサクラカレンシーサービスにも、フリーWi-Fiはあります。コーヒーも無料ですから、ゆっくりとネットで情報収集を。

居酒屋攻略法

居酒屋の料理

不思議の国の日本には、「居酒屋」というワンダーワールドがあります。居酒屋は、リーズナブルに飲める酒場のこと。と言ってもお酒メインのバーとは違って、豊富に食べ物が充実しているのがうれしい特長です。 刺身から焼き魚、天ぷら、焼き鳥、枝豆、豆腐などをおつまみに、格安で飲めるネイティブ日本人に人気の場所。お店によっては郷土料理を出したり、家庭料理を出したりします。フランチャイズの大型店から個人経営の小店舗まであって、価格はだいたい一人3,000円から5,000円ぐらい。 あなたが、居酒屋の暖簾(入り口にかかる布)をくぐったら、「いらっしゃいませ」の声。店員に人数を指で伝えたら、座る場所を指定されます。フランチャイズの大型店舗には外国語メニューがありますが、個人経営の小店舗に入ったら、ほとんど外国語メニューは用意されていませんので要注意。最初に飲み物を頼んで、飲み物をくるのを待つ間、注文する食べ物を決めておきます。日本の店員さんは、黙っていても注文を取りに来ません。「すみません」と声をかけるか、手で合図をすると、注文を取りに来ますので、食べたい物を伝えましょう。 小店舗の居酒屋に入って日本語が読めなかったら、「おすすめは?」と日本語で聞いてみると、「本日のおすすめ」を店員さんがきっとメニューで指をさしてくれます。だいたいは割り箸で食べることになるのですが、苦手な方はフォークやスプーンを要求しても問題はありません。 会計はテーブルか、入り口のレジか、まちまちですけど、大型店舗はだいたい入り口のレジで、小店舗はテーブルでします。 大型店舗は外国人対応が整っているので入りやすいと思いますが、ネイティブ日本人が多く出没する小店舗にもぜひチャレンジしてみてください。日本語ができなくても、意外と問題ないと思いますよ。ちなみに小店舗の場合は、クレジットカードが使えない現金払いがほとんど。居酒屋へ行く前には、ベストレートのサクラカレンシーサービスへお立ち寄りくださいね。